日々上善は水の如く

専業主夫の夕日と山歩き

街道歩き 北国街道 高田宿〜柏崎宿 その2

3月4日 つづき

 

春日神社を出て程なくすると馬市跡が、ここは椎谷、栃尾と並ぶ越後三大馬市があったらしい、と言われても椎谷がどこにあるかも知らなかったけど

(ちなみに椎谷は日本三大馬市だったらしい)

最盛期には千頭を越したという事、千頭の馬と連れてくる人間と、ちょっと想像できない、かなりの宿があったのだろうか

f:id:tarobue:20210317054754j:plain
f:id:tarobue:20210317054840j:plain
馬市跡

 

しばらく歩くと

f:id:tarobue:20210317055001j:plain

本誓寺跡


の看板

上杉謙信に招かれた超賢さんのお寺跡

ここにあるとの予備知識なかったのでちょっと感動

f:id:tarobue:20210317055349j:plain

左おうしう 右ざいみち

f:id:tarobue:20210317055544j:plain

越後三山 いつもと並びが違う


 

その後は道は信越化学直江津工場あたりへ

巨大な工場である、信越化学の原点みたいな所なのかな

その先には黒井駅、そして貨物駅、貨物がたくさん

その先あたりが黒井宿か

この辺りから道路は歩道がなく我々もドライバーもストレス

f:id:tarobue:20210317055717j:plain
f:id:tarobue:20210317055802j:plain
黒井駅

 

その後も芭蕉句碑やなんとか天皇が立ち寄ったとかの碑とか、製塩所跡とかお台場跡、米山道の道標など見どころはたくさん

ただ歩くだけでなく当時の面影をできるだけ辿りたいと思っていたのでその都度寄り道

 

f:id:tarobue:20210317060023j:plain
f:id:tarobue:20210317055947j:plain
芭蕉句碑 読めない

f:id:tarobue:20210317060211j:plain

兄弟?

f:id:tarobue:20210317060724j:plain

造り酒屋 おいしいお酒です

f:id:tarobue:20210317060830j:plain

米山信仰

f:id:tarobue:20210317060952j:plain

どんとの石井戸

f:id:tarobue:20210317061118j:plain

夕暮れ

ただもうかなり足が痛くなってきていた

夕暮れ迫る頃ようやく本日のお宿に到着

f:id:tarobue:20210317061357j:plain

ご馳走

お風呂入って一杯飲んでご飯おかわりしてバタンキューでした

 

歩いた距離25km 歩数40121歩

 

 

街道歩き 北国街道 高田宿〜柏崎宿 その1

3月4日

 

高速バスで高田へ

 

今回の旅のスタートは高田駅

生まれて初めて来た、多分

f:id:tarobue:20210315105239j:plain

高田駅

 

歩き始めは雁木通り

友の話によれば延長16キロ、日本一だそう

 

歩いていて気付いた所

家と家が4軒くらいくっついている

最初は親子や親戚なのかなと思って表札見ると皆違う

それに家の壁の材質や色も違う

これでは自分血だけ建て替えるってわけにはいくまい

どうするんだろう

他人事ながら気になる

 

あと玄関?に車が入ってる

車庫ではなく玄関

これは高田が空襲で焼けず古い家が多い事

家が建てられた頃は自家用車は一般的でなく、街道沿いの家のためどの家も間口が狭く、あとから車庫を作る余裕がなかったのでは?と思われた

 

この古いというのが高田駅前あたりの趣きのある雰囲気を作っているのだろう

 

f:id:tarobue:20210315105523j:plain

趣のある雁木通り

 

落ち着く街である

 

関川に掛かる橋を渡り、雁木通りを終えると段々郊外となり上越インターあたりの幸楽苑でお昼

f:id:tarobue:20210315105721j:plain

米山は目立つ

 

 

お昼食べて再スタート

春日新田宿で春日神社にお参り

 

ちょうど信越線のしらゆきが通る

すぐ隣に関川の鉄橋

なんでも当時は橋はなくここから船に乗り換えて直江津へ行ってたとの事

不便この上ないとの思うが殿様の命となれば仕方ないのか

そんな事も今回歩いて初めて知った事

 

f:id:tarobue:20210315105843j:plain

にわか撮り鉄

 

歩く事で知る事見える事はたくさんあると思った次第

 

つづく